長野セミナー 「真の癒し」とホメオパシー〜時代のエネルギー、時代の病〜

「癒し系」「癒しグッズ」「癒しの○○」…など、「癒し」という言葉は近年、日常的に聞かれるようになりました。主として、「リラックス」「安らぎ」「緊張をほぐすもの」のイメージ、優しさ・軽さ・緩やかさといった「ライトな質感」を喚起する言葉として用いられているようです。しかし、本来この「癒し」という言葉には、もっと深い意味が内包されています。「人間の成長に不可欠な、本質的な変容が起こった結果、新たな秩序がうち立てられる」という意味です。

また、午前中の「ホメオパシー入門」では、病や怪我が「治る」ということについて、根本的に考え直します。
この「治る」という言葉をより深く理解していくことは、そのままホメオパシーの真髄を理解していくことに繋がります。
これからホメオパシーを学びたい方はもちろん、ホメオパシーの広大な森にすでに足を踏み入れている方も、ぜひご参加ください。

テクノロジーの驚異的な発達の中、競争が進み、刺激が日常化し、他者との分離が加速度的に進んでいる現代社会において、私たちは日常生活のほんの小さな場面でも「癒し」という言葉を使わなければならないほど、深く傷ついていると言えるのかも知れません。

この時代、「病」は減るどころか、ますます増えてきています。うつ病、不安神経症、パニック症候群、不眠症、花粉症、アトピー性皮膚炎、癌…。ほんの少し前には存在さえほとんど知られておらず、想像もできなかったような「病」が、いまや当たり前のものになっています。なぜなのでしょうか。そこで人々が「癒し」に本当に求めているものは、何でしょうか。

ホメオパシーは西洋医学や東洋医学、他の民間医療・伝承医療を包含した、心と身体を同時に「癒す」医療です。私たちが生きる時代のエネルギーと病、「癒し」の本質的な意味、病に対するホメオパシーのアプローチについて、永松昌泰ハーネマンアカデミー学長が語ります。

チラシをダウンロードする(PDF)

講師
永松昌泰ハーネマンアカデミー学長
日時
2010年2月20日(土)
午前の部
  • 10:00〜12:00 「ホメオパシー入門 〜治癒とは何か」
  • 12:00〜13:00 休憩
午後の部
  • 13:00〜16:00 「真の癒し」とホメオパシー
  • 16:00〜16:30 ホメオパシーを仕事にしよう!
    ※ホメオパシー・プロフェッショナル・スクール、セルフケア・アドバイザー・スクールの説明もあります
定員
80名
参加費
  • 午前の部のみ 2,000円
  • 午後の部のみ 3,000円
  • 全日     4,000円
日本ホメオパシー振興会主催のセルフケア講座を受講された方(受講終了から1年以内)、セミナー無料受講券をお持ちの方は無料です。
会場
安曇野市穂高交流学習センター“みらい”多目的ホール
〒399-8303長野県安曇野市穂高6765番地2
穂高駅より徒歩約15分
http://www.city.azumino.nagano.jp/gyosei/plan/gakushucenter/hotaka/news/2009mirairiyouannai/index.html
  • セミナーの内容に関するお問い合わせは、こちらにはご遠慮ください。
  • 会場の駐車場に限りがあるため、お車はできるだけお乗り合わせの上、おいでくださるようお願いします。
お申込み・お問合せ
メールにて、下記アドレスまでお申込みください。
お申込の際には、「お名前、ご住所、電話・Fax番号、Emailアドレス」をお知らせ下さい。
(携帯電話から送信される場合、フィルター設定をされているとお返事が届かないことがありますので、3日経っても返信がない場合は、お手数ですがもう一度同じメールを送信してください。)
kaorinarimatsu@yahoo.co.jp  成松

Copyright© 2002-2009 Japan Homeopathy Foundation All Rights Reserved