2012年12月1日(土) 三砂ちづる×永松昌泰ジョイントセミナー

ゲストに三砂ちづる先生(津田塾大学教授)をお迎えし、セミナーを行います。

私たちは自分の“からだ”についてどれだけのことを知っているのでしょうか?

日本人が着物で生活していた頃、下着をつけない女性はどうやって月経の時を過ごしていたのでしょう? 現代の状態を当たり前と思っている人には、とても不思議なはずです。しかし、人間にはもともと素晴らしい力が備わっていることを、三砂先生は、著書の中でも明らかにして下さり、大いに啓発して下さいました。

また、たとえば、かつて行われていたなるべくおむつを使わない育児が、母親にとっても子供にとっても自然で、もっとも心地よい育児であることを教えてくれます。

物質面では豊かでありながら、なぜが心豊かさを感じられない現代を生きる私たちにとって、もっとも価値のある、もっとも学ぶべき知恵と視点をお持ちの方と言えるでしょう。

【第一部:三砂ちづる先生のお話】
最新刊『不機嫌な夫婦(朝日新書)』にちなんで、特に“夫婦”についてのお話、そして人と人との関係において最も洗練されていると断言されるブラジルについてのお話など、これまでほとんど語ってこられなかったお話も含めて自由にお話をいただきます。また、三砂先生のお話は女性向けの内容に思われがちですが、実は男性の方々にこそ知って頂きたい内容が満載です。お一人の参加も大歓迎ですが、ご夫婦やパートナーがいらっしゃる方は、ぜひお二人でご参加ください。

【第二部:永松昌泰の話】
三砂先生の内容を受けて永松昌泰がお話いたします。ホメオパシーの目的であり、実際にホメオパシーを通じて実現していることは、その方の“人生の質が向上する”ということです。病気の治癒とは、その方の人生の質が向上してゆく中に含まれるものです。それは、まさにその方の人生が豊かになっているとしか表現しようがありません。永松の科学と芸術が融合するその世界観と長きにわたるホメオパスとしての経験の中に、三砂先生のお話が響き渡り、自然とあふれ出るお話もまた、人生を豊かに生きるヒントになることでしょう。

【第三部:対談・質疑応答】
最後は、講師のお二人で自由にお話いただきます。この瞬間、このセミナーだけに生まれる話を、どうぞ楽しみにいらして下さい。

学ぶ喜び、出会う奇跡、そして伝わる感動が、皆さんをお待ちしております。


講師
三砂 ちづる
<プロフィール>
1958年山口県光市生まれ。兵庫県西宮市で育つ。81年京都薬科大学卒業。99年ロンドン大学Ph.D(疫学)。津田塾大学国際関係学科教授。専門は疫学、母子保健。著書に、『オニババ化する女たち(光文社)』、『月の小屋(毎日新聞社)』、『不機嫌な夫婦(朝日新書)』、訳書に『被抑圧者の教育学(亜紀書房)』、編著に『赤ちゃんにおむつはいらない(勁草書房)』など。
永松 昌泰
<プロフィール>
1958年山口県光市生まれ。慶應大学、コロンビア大学、パリ大学で量子力学、数学、哲学、文学を学び、音楽、宗教、武道などに至る幅広い関心がホメオパシーに直結。 森羅万象のあらゆる現象がホメオパシーと融合する。長く探求してきた「ものの道理」とホメオパシーとが完全に重なっていることを確信。 「あらゆる病は余すところなくありのまま症状の全体像に表現され尽くしている」というホメオパシーと「現象に表現されていないような 『隠れた本質』は存在しない」とする哲学が一致。 本来統合されていたサイエンスとアートが再び融合してゆく場としてハーネマンアカデミーを設立する。 日本ホメオパシーソリューション代表/ハーネマンアカデミー学長。
日程
12月1日(土) 10時〜16時

第1部 三砂ちづる先生
第2部 永松昌泰
第3部 対談・質疑応答
会場
こどもの城 1001研修室

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-53-1
TEL:03-3797-5666(代)FAX:03-3797-5676

アクセスはこちら
参加費
5,000円

※お申し込みを頂いた後、以下の口座にお振り込み下さい。
<お振込先>
三菱東京UFJ銀行 赤坂支店 普通 4834011
(株)日本ホメオパシー振興会
お申込・お問合せ
日本ホメオパシー振興会
〒108-0073
東京都港区三田2-2-15 三田綱町デュープレックスリズ301
Tel: 03-5476-9580(日・月曜日・祝日を除く 9:00-18:00)
Fax: 03-5476-9581
e-mail: info@nihon-homeopathy.net

Copyright© 2002-2012 Japan Homeopathy Foundation All Rights Reserved