ホメオパス紹介

永松昌泰/ハーネマンアカデミー学長 FSHom(Japan)RSHom(Japan)
慶應大学、コロンビア大学、パリ大学で量子力学、数学、哲学、文学を学び、音楽、宗教、武道などに至る幅広い関心がホメオパシーに直結。森羅万象のあらゆる現象がホメオパシーと融合する。長く探求してきた「ものの道理」とホメオパシーとが完全に重なっていることを確信。「あらゆる病は余すところなくありのまま症状の全体像に表現され尽くしている」というホメオパシーと「現象に表現されていないような『隠れた本質』は存在しない」とする哲学が一致。本来統合されていたサイエンスとアートが再び融合してゆく場として日本ホメオパシー振興会とハーネマンアカデミーを設立し、あたたかいまなざしと深い洞察力でたくさんのクライアントを治癒に導いている。

永松幸和/ハーネマンアカデミー副学長 RSHom(Japan)
9年間英国に留学、ハーネマンアカデミー英国校、スクールオブホメオパシー(Misha Norland)、ダイナミススクール(PostGraduate/JeremySherr)の3校を卒業。英国のみならずギリシャ、イタリア、インドなど海外の一流ホメオパスから意欲的に学ぶ。クライアントを受け入れる心を磨くには日常の一瞬一瞬を大切にすることが最も重要であることを痛感、日々努力を続ける。大学時代は心理学と美術を専攻。クライアントの全てを包み込むセッションにファンが多い。

天井周/講師 DHA/ハーネマンアカデミー卒業生(東京校第7期)
医師として働くなか、現代医学に限界を感じ、さまざまな医療に興味を抱くうちにホメオパシーに巡り合う。「人を診ることに対して臆病になっていた私に、ホメオパシーは勇気を与えてくれた。真の医療とは?と常に問いかけながら歩んでいきたい」という。つねにクライアントとともにあり続ける姿勢に信頼も厚い。

久伸輔/講師 DHA/ハーネマンアカデミー卒業生(東京校第7期)
医師。現代医学ではカバーしきれない部分に対応できる療法を模索するなかで、その手段の1つとして学び始めたホメオパシー。しかしその世界観に魅せられて、ホメオパシー医として活動を始める。現役ドクターならではの視点から、ご自身の経験と考察をふまえて、今現場で起きている事柄や西洋医学での臨床をホメオパシーと照らしあわせて伝えてくれる。穏やかな人柄も人気である。

井上喜子 講師/ハーネマンアカデミー卒業生(東京校第10期)
横浜赤十字看護専門学校卒業後、同病院小児科・婦人科・耳鼻科混合病棟に勤務。終末期医療における緩和ケアの重要性を感じ救世軍清瀬病院へ。病棟勤務を通じて学ぶ中、 臨床における心理スタッフの必要性に気付き、東北大学文学部にて心理学を専攻。その後ホメオパシーに出会い「これが本当に私のやりたいこと!」と直観する。看護師としての経験とクライアントやレメディーを深く理解する心理学的視点、また音楽や絵画など芸術をこよなく愛する感性は、セッションでも存分に活かされている。

> ブログ『青の破片(かけら)』はこちら

五鬼上典子 講師/ハーネマンアカデミー卒業生(東京校第13期)
製薬会社勤務を経て、薬剤師として薬局に勤務し服薬指導などを行う。ほとんどの薬は病気を治すことより症状を抑えることが目的となっており薬だけでは根本的な解決が難しいことを痛感。身心全体を癒し本来の健康を取り戻すホメオパシーに魅せられ学び始める。いつでもクライアントの気持ちや状況に寄り添い、的確な状況判断によって本来の治癒へと導くことができるホメオパス。

川島 一人 ハーネマンアカデミー卒業生(東京校第10期)
両親の病気をきっかけにホメオパシーを知り、人間全体を診るホメオパシーに単なる療法の枠を超えた世界観を感じ学び始める。ホメオパシーを通してより健康な生活へのお手伝いを目標に活動中。

連絡先

東京/名古屋/札幌/鹿児島

【東京セッションルーム】
日本ホメオパシー振興会事務局
〒108-0074 東京都港区高輪3-25-22 高輪カネオビル8F
TEL: 03-5422-8321 (日・月曜日・祝日を除く9:00-18:00)
FAX: 03-6737-1391
e-mail: info@nihon-homeopathy.net

Copyright© 2002-2010 Japan Homeopathy Foundation All Rights Reserved