ホメオパシーセミナーin福島

病気に罹りやすい人,罹りにくい人は何が違うのか?
〜心と体から考えるホメオパシー療法〜

ストレス社会といわれる現代、その中でも特に病気への不安が大きな部分をしめています。

三大疾患として知られるガン、心臓病、脳疾患をはじめ、糖尿病などのさまざまな病気について、私たちは、すぐ身近で苦しんでいる方を見聞きします。さらに、昨年猛威を振るった新型インフルエンザ、近年ますます増加する花粉症や食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、うつ病、パニック障害、不安神経症、不眠症、頭痛、めまい、肩凝り、耳鳴り・・・など、本当にたくさんの病気の危険にさらされています。病気になることへの不安、治らないかもしれないという不安は、医療の進歩が言われているにもかかわらずいっそう強くなっているのではないでしょうか。

しかしこうした病気に、すべての人が同じように罹るというわけではありません。罹る病気はひとりひとり違っており、その病気の程度も軽症から重症までさまざまです。同じような環境の中でもインフルエンザに罹る人と罹らない人がいます。その違いは一体何なのでしょうか?

また、調子が悪いが病院では異常はないと言われた、病院へ行くほどでもないけれど体調がすぐれない、これらは病気ではないのでしょうか?そもそも病気とは何なのでしょう?そして、私たちの心と身体は病気とどのような関わりを持っているのでしょうか?

ホメオパシー療法は、部分(身体の一部)のみに焦点を当てるのではなく、部分を含めた人間全体(心と身体全体)を診ていく療法です。病院へ行ってもなかなか改善が見られなかったり、病院へ行くほどではないけれど不調に困っていたり、誰にも打ち明けられない心の悩みがあったりして、もう仕方がないと諦めかけてはいないでしょうか?

「病気」の本質について、「病気」と人間との関わりについて、ホメオパシースクール・ハーネマンアカデミーの永松昌泰学長がお話しいたします。

チラシをダウンロードする(PDF)

講師
永松昌泰ハーネマンアカデミー学長
日時
2010年3月27日(土)
  
定員
50名
内容
  • 12:30〜    受付開始
  • 13:00〜16:00 講演
参加費
3,000円
※お支払いは当日会場で受け付けます。恐れ入りますが、できるだけ釣り銭が必要ないよう、お持ちください。
会場
福島県男女共生センター4階 第3研修室
〒964−0904 福島県二本松市郭内一丁目196-1
http://www.f-miraikan.or.jp/riyou_annai/access/index.html
アクセス
JR東北本線二本松駅より徒歩で12分
東北自動車道二本松I.Cより車で5分
お申込み・お問合せ
根本(ねもと)080-1804-3440または東京事務局までお申込みください。
お申込の際には、 「お名前、ご住所、電話・Fax番号、Emailアドレス」をお知らせ下さい。
日本ホメオパシー振興会/ハーネマンアカデミー 東京事務局
〒108-0073
東京都港区三田2-2-15 三田綱町デュープレクス リズ301
Tel: 03-5476-9580 (日・月曜日・祝日を除く 9:00-18:00)
FAX: 03-5476-9581
e-mail: info@nihon-homeopathy.net

Copyright© 2002-2009 Japan Homeopathy Foundation All Rights Reserved