書籍/DVD購入

ジュリアン・カーライオン著「ホメオパシーの哲学〜病の声を聴く」

ジュリアン・カーライオン著 「ホメオパシーの哲学〜病の声を聴く」 春秋社

「ホメオパシーの哲学〜病の声を聴く」 
ジュリアン・カーライオン著
諫早道子訳 永松昌泰監訳
3,200円(税別)
A5版/294ページ
春秋社
2008年3月

ハーネマンに始まり、数々のホメオパスたちが覗き込んできた、人間存在の真理。その深淵なる哲学の全容を、元英国ホメオパシー協会理事カーライオン氏が、わかりやすく、しかもコンパクトにまとめた。ホメオパスを志す人には必携の書。一粒のレメディーを選び出す世界観が、ここにある。

マヤズムという遺産(本文より)
私たちは、上から、下から、そして両わきから、誕生と生活と死に取り囲まれて生きている。たえず、自分自身の誕生と生活と死のドラマをまっとうしようとしている。わたしたちはまた、先祖から伝わる誕生と愛と死の記憶を担っている。無視され、否認され、台無しにされ、尊重されなかったような、数々の誕生と欲求と死の記憶だ。これがマヤズムという遺産である。
私たちは、誕生と確立と死のドラマを、成長の段階ごとにやり直さなくてはならない。人生という循環を何度も歩きめぐり、やっと思い出すのだ。生まれることも死ぬこともない自分の本質を知りながら、人生という循環を愛するためにここにいるということを。

密かな「謎解きの喜び」(監訳者あとがきより)
本書は、一人の誠実で、磨きぬかれた上質な知性の持ち主が、ホメオパシー という途方もなく巨大で深遠な世界と対峙した末に辿り着いた、30年間の総決算である。(中略)
それゆえ、本書はホメオパシーを真剣に志す人の必読書である。本書を一瞥するだけで、その行間から立ち上がってくる、ただならぬ気配に思わず震撼するであろう。(中略)現在のホメオパシーが辿り着いた最新、最深の姿がある。ホメオパシーのあらゆる構成物が、一つひとつ丁寧に意味を問い直され、再定義され、再構築される。
しかし、著者の想定している読者はホメオパシーの世界に留まらない。むしろ、人間学・宇宙学として読んでもらいたいというのが、著者の密かな願いである。ホメオパシーを通じて人間・宇宙のリアリティーがありのままの姿を次第に開示されてゆく、密かな「謎解きの喜び」が静かに通奏低音を成しているからである。――永松昌泰

著者プロフィール

ジュリアン・カーライオン
元英国ホメオパシー協会理事。ジョン・デイモントに師事、英国でホメオパシーが復活した70年代からホメオパシーを実践、近年はミッシャ・ノーランド、ラジャン・サンカランとともに学ぶ。ハーネマンから近代までのホメオパシーの歩みと共に、古代からの伝統やトランスパーソナル心理学を包含した現代における新しいホメオパシー像を提唱。

目次

1. 症状に耳を澄ます
  • ホールネスという視点
  • ホロンとしての人間
  • 症状のとらえ方
  • 痛みという表現
  • モダリティー−世界とのかかわり方
2. 2つの鍵 〜<周期性>と<両極性>〜
  • 太陽のような自己
  • 「自然」、分別、リアリティ
  • 意識の進化
  • 治癒を示す結合のシンボル
自己と影 〜忘れえぬもの〜
  • 意識発達の7つの段階
  • 含みながら超えること
  • 7歳前後まで
  • 影−否定されたエネルギー
  • 7歳以降
  • 意識発達のさまざまなモデル
4.やわらかな照応I 〜元素と意識〜
  • 元素シリーズのテーマI
  • 発達過程の葛藤
  • 自己は不都合なものを隠す
  • 周期律のフェーズ
5.やわらかな照応II 〜意識の周期律的ダイナミクス〜
  • 元素シリーズのテーマII
  • 意識世界の拡大と自由
  • 周期律に見る大宇宙と小宇宙
6.症状はどのように形成されるか
  • 主観的症状と客観的症状
  • 無意識への通路−イメージ、感情、感覚
  • 照応する心と体
  • 投影−世界を映す鏡
  • 両極のバランスと補償作用
7.マヤズムとは何か
  • マヤズム理論
  • 3つの基本的マヤズム
  • マヤズムの連続性−始まり、中間、終わり
  • マヤズム・発達段階・周期律の問題
  • マヤズムという遺産
8.人間をどう観るかI 〜存在の3つのレベル〜
9.人間をどう観るかII 〜存在の4つのエレメント〜
  • 基本となる4つの状態
  • マッパ・ムンディ―四大エレメントの世界図
  • マッパ・ムンディで症状像のパターンをとらえる
10.類似性とは何か
  • パターンの類似が呼び覚ますもの
  • 全体と部分
  • 病気、忘れること、思い出すこと
  • 類似性と感受性−似ているから影響される
  • 内のものと外のもの
  • 治癒のあるところに感受性がある
11.プルービングとは何か 〜より正確なレメディー像を求めて〜
  • プルービングで体験されること
  • プルービングは人為的病
  • ホメオパシーにおいて「知る」とは何か
  • 潜在力の感応が意味するもの
12.治癒へ至る旅
  • 治癒の法則
  • 病気、治癒、意識
13.実践への覚書 〜ケース・テーキングにあたって〜
  • 症状のもつ物語
  • 症状の根本にある知覚を探す
  • 症状選択に役立つ3つの質問
  • ケース・テーキング
  • 指針となる症状へのマップ
  • 患者と旅

ご購入

ご購入を希望される方は以下の「購入フォーム」または日本ホメオパシー振興会 (お電話・FAX)にてご注文ください。

日本ホメオパシー振興会 TEL 03-5476-9580(9:00〜18:00、日月祝休) FAX 03-5476-9581

※ご注文の際には『お名前・ご住所(お送り先)・ご連絡先(電話番号)・ご注文 内容』をお知らせください。


Copyright© 2002-2011 Japan Homeopathy Foundation All Rights Reserved