基本レメディー42種 : レパートリー

レパートリー一覧へ戻る

[坐骨神経痛]

ハイペリカム
坐骨神経痛の痛みが脚を上ったり下りたりします。ちくちくしたり、ヒリヒリしたりするような痛みで、後で痺れる場合があります。ハイペリカムは、神経が損傷を受けたか、又はつぶれたような場合の主要なレメディーです。坐骨神経痛のほかには、特に脊椎基底部(尾てい骨)の損傷に有効です。
マグ・フォス
痛みが脚を走り下りる神経痛で、足に触ると痛みます。非常に多くの場合、マグ・フォスは右側に影響し、冷たさで悪化します。患者は、温かさや、患部をこすること、また、体を前方に折り曲げることで気分が良くなります。
ルス・トックス
痛みが脚を走り下りる坐骨神経痛で、痺れとちくちくする感覚が続くことがあります。ルス・トックスの坐骨神経痛は、冷たくて湿った空気や働きすぎで引き起こされるか、又は悪化します。患者は休息で悪化し、夜に痛みが増します。
ルータ
夜に横になることで悪化する坐骨神経痛に。背中からの痛みは臀部から太腿に広がります。ルータの患者は落ち着きが無いことがあります。足を伸ばす、又は横になることで痛みが始まります。坐骨神経痛は冷たくて湿った天候で悪化します。このレメディーはルス・トックスと非常によく似ています。

Copyright© 2002-2010 Japan Homeopathy Foundation All Rights Reserved