基本レメディー42種 : マテリア・メディカ

前へ << 一覧へ戻る >> 次へ

16.コキュラス (Cocculus)

レメディー・テーマ:

乗り物酔い、つわり。時差ぼけおよび不眠からくる気疲れ。方向感覚の喪失。

着眼点:

コキュラスは、あらゆる乗り物酔いに適応します。その他の大きな特徴は、赤ん坊をあやしたり、病人の看病などで夜眠れなかったことによる気疲れにも有効です。

典型的な症状:

乗り物酔い。特にボートや飛行機の上下動、または動いている物を見て酔ったとき。つわり(セピアナックス・ヴォミカ参照)。ホメオパシーのレメディーは、妊娠中に使用してもとても安全です。コキュラスの症状は腰痛(背中の痛み)を伴う場合があります。患者は奇妙な金属的な味を感じ、飲食やたばこの煙を嫌います。悲しんでいる時や感情的に混乱している時には、喉に渇きを覚えるか、もしくは塊がつかえている様に感じたり、衰弱していたりして飲み込むことが困難に感じます。また、胃がうつろで空っぽに感じることもあります。冷たい飲み物、特にビールを渇望します。
時差ぼけ(アルニカ参照)のときには、疲れすぎの感覚や方向感覚の喪失を緩和し、再調整を促します。

ペットに対するレメディー選択:

犬はよく乗り物酔いするので、車での旅行の前と最中にはコキュラスが効果的です。犬は実際には吐きませんが、明らかにイライラして大量のよだれを出していることが見て取れる場合があります。


Copyright© 2002-2010 Japan Homeopathy Foundation All Rights Reserved